自分で交換すれば安く済む

修理

玄関やトイレ、浴室など、様々な場所でドアノブが使われています。そんなドアノブが壊れてしまった時には、業者に依頼をする人は多いのではないでしょうか。ドアノブ修理を業者依頼すると8千円~1万円程度の料金が必要になります。意外に高いと感じてしまいますか、ドアノブの種類によっては自分で交換すれば数千円程度で済むケースもあります。ドアノブが壊れてしまって、自分で交換する場合には、同じドアノブを購入することで、素人でも意外に簡単に交換することが可能です。この時に重要なのが同じメーカーで同じ種類の製品を選ぶことです。同じような形をしていてもメーカーが変わるだけで取り付けが難しいけケースもあります。また同じメーカーでも製品が変わるだけで取り付けられないこともあります。自分で交換する際には同じメーカーで同じ種類の製品を選ぶのがポイントです。この方法なら、ドアノブ代だけで修理が可能です。

交換する時には防犯性を高めよう

ドアノブ修理をする際には、防犯性を高めることを考えてみてはいかがでしょうか。防犯性を高める方法として注目されているのが二重ロックです。空き巣は、鍵を開けるのに時間がかかる家を避ける傾向にあります。そのため鍵をもう一つ増やしただけで空き巣被害を受ける可能性を激減させることが可能です。修理の際に前と同じドアノブをつけたとしても、補助錠を取り付けることで防犯性も高められます。凶暴な強盗は、パールを使って無理やりドアをこじ開けるケースもあります。この場合によってこじ開けられるドアは外開きのドアです。この外開きドア用の防犯性を高める方法として注目されているのがドアガードです。このアイテムを取り付けるだけで、バールによるこじ開けも防げます。ドアノブ修理をする時には、今の玄関の防犯性についてよく考えて、有効なアイテムを活用しましょう。

簡単に取り付けられる商品が人気

補助錠として人気があるのが、手軽に取り付けられるタイプです。ドアノブそのものの防犯性を高めようとすると、扉そのものを交換する必要があったり、大掛かりな施工が必要だったりするケースもあります。しかし、補助錠であれば、業者に依頼をしなくてもドライバーひとつで設置できるタイプもあるので、手軽に対策ができると注目されています。粘着テープとドライバーで取り付けが完了する、リモコンタイプの補助錠などが販売されています。鍵穴がないので、ピッキングで空き巣被害に遭うことはありませんし、合鍵を複製しての被害も心配ありません。ドアノブそのもので、ピッキング対策に有効なのはディンプルキーです。昔からある鍵はギザギザの鍵ですが、このディンプルキーはゴルフボールのように差し込み部分がでこぼこしています。小さなくぼみによって開閉するので、ピッキングにはとても強いです。最近では空き巣対策に対して多くの人が関心をもっているので、様々なアイディア商品が販売されています。ホームセンターやネット、専門店などで様々な鍵を確認して、ドアノブ修理をするときには納得できる防犯対策もしてみてはいかがでしょうか。